鳥取県の治験・モニター情報

鳥取のオススメの治験






鳥取の治験情報

鳥取県の治験は、鳥取市や市外含めて実施されている数が少なく、治験の募集情報を、バイトとしてアルバイト求人サイトを見る方も多いのですが、治験コーディネーター(CRC)や薬剤師の募集情報が主となり、 治験ボランティアの募集情報が掲載されていることは殆どありません。

生活向上WEBの様に、治験・臨床試験の募集に特化したサイト、または、病院でも直接募集を行っているケースがあるので、問い合わせてみるのも参加する方法のひとつです。

鳥取では、鳥取大学医学附属病院や鳥取赤十字病院、鳥取市立病院など、比較的大きな病院で募集を行っていることがあります。 また鳥取県外で実施されている治験に、特に広島県で実施している治験に関しては鳥取県にお住まいの方も参加可能な案件もあるため、 鳥取県内にとどまらず通院の可能な範囲で治験募集の情報を調べられることをおすすめします。

 

以下の表は【治験 鳥取】で検索した際に表示される上位の治験実施病院一覧になります。

興味がある方は御覧ください。

※以下の表は日によって順位の変動がございます。

鳥取県の【治験】検索調査

名称 治験実施内容
鳥取大学医学部付属病院

精神科:治療抵抗性うつ病

呼吸器内科がん疼痛、全身性エリテマトーデス

小児科:成長ホルモン分泌不全症

眼科:単純ヘルペスウイルス角膜炎

鳥取医療センター

精神科:統合失調症(急性増悪期)

神経内科:アルツハイマー型認知症(アジテーション)

鳥取市立病院 掲載されておりませんが、実施している可能性があるため、直接お問合せされることをおすすめします。

※こちらの情報はH30年8月20日付けの情報となりますので、既に治験実施が終了している可能性がございます。

鳥取県の治験・モニター情報
  • 男女とも
  • 通院
  • 簡単応募
残り9日

【案件コード】K23842-005

実施場所

[中部]岐阜県岐阜市
通院可能であれば以下のエリアの方もご参加可能です。
[中部]愛知県、静岡県、長野県、福井県、石川県、富山県、新潟県
[近畿]三重県、滋賀県、和歌山県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県
[関東]東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
[中国]鳥取県、岡山県、広島県、島根県、山口県
[四国]香川県、徳島県、愛媛県、高知県
[東北]福島県、宮城県、山形県、岩手県、秋田県、青森県
[九州]福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

[事前検診]
・月、火、木曜日
開始時間:15:00/15:30
※いずれか1回
所要時間:1-2時間程度
実施内容:採血、身長体重測定、診察・問診、聴力検査

[本試験]
1回目:事前検診の2週間後
2回目:2回目来院の1週間後
3回目:3回目来院の1週間後
4回目:4回目来院の1週間後
所要時間:
1回目、4回目…1.5時間前後
2回目、3回目…1時間以内
実施内容:採血、血圧・心拍数測定、診察・問診、聴力検査

※日程はお問い合わせください。

試験概要

平日日程の短期モニターのご案内です。
今回のモニターでは、蜂の子からつくられた健康食品が、聴力や耳鳴りなどの耳症状に与える影響を確認します。

蜂の子には聴力改善や耳鳴りに対する苦痛軽減作用があると言われているため、自覚的な聞き取り能力に与える影響を検討します。
試験食品はローヤルゼリーなど養蜂産品を用いた健康食品・化粧品でおなじみの山田養蜂場様よりご提供いただきます。
※補聴器使用中の方でもエントリー可能です。

  • 男女とも
  • 通院
  • 簡単応募
募集中

【案件コード】M24892

実施場所

[全国]

うつ症状に関する試験が複数ございますので、参加いただく試験により日程は異なります。
詳細については「生活向上WEB」までお気軽にお問い合わせください。

試験概要

現将来への不安や、焦りを感じる。
朝起きるのが辛い、動きたくない。仕事や学校に行きたくない。
無理やり元気を出そうとすると、疲れる。

その症状、もしかしてうつ病かもしれません。
うつ症状でお悩みの方を対象とした試験のご案内をさせていただきます。

  • 男女とも
  • 通院
募集中

【案件コード】M24138

実施場所

[北海道]北海道 [東北]福島県 [関東]東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県 [中部]長野県 [関西]大阪府・兵庫県 [中国]鳥取県・岡山県・広島県 [四国]徳島県 [九州]佐賀県・福岡県・熊本県

【応募から治験参加までの流れ】

1:応募

2:生活向上WEBコンタクトセンターで試験説明と参加条件の確認
↓※電話で試験のご説明と参加条件を確認
↓※該当されない方はここで終了
↓※電話面接日程を確定

3:臨床心理士等による電話面接

4:生活向上WEBコンタクトセンターで適否をお伝え
↓※該当されない方はここで終了
↓※初回来院日程を確定(施設担当者と調整する場合もあります)

5:医療機関受診
↓※施設担当者との電話で初回来院日程を確定(コンタクトセンターで調整する場合もあります)
↓※今回の試験の参加条件に該当しているかの判断
↓※該当されない方はここで終了

4:試験参加
↓※最大約6ヵ月間に15回程度通院(65歳以上の方は最大約15カ月間に18回程度通院)
↓※途中で中止になる場合もございます
↓※試験への参加に同意した後でも、いつでも参加をやめることができます

5:終了

試験概要

うつ病の患者さんで、これまでに抗うつ薬治療を受けたことがある方を対象としたお薬の試験です。
服用いただく治験薬は、すでに他の病気の治療薬として市販されているお薬ですが、今回の試験では「うつ病の補助療法」としての効果と安全性を確認する目的で行います。
補助療法とは、抗うつ薬にお薬を追加服用して行う治療法のことです。

あなたは、うつ病の治療に対してこんなお悩みを持ってはいませんか?

・治療をしても症状がなかなかよくならないと感じる
・お薬の効果が不十分だと感じる

今回の試験では、そんなお悩みがある方にご参加をお願いしております。
詳しくはお電話でご説明させていただきますので、ご興味があればぜひご応募ください。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集